ミツエーリンクス

創業者の独り言

2005年11月22日

AISASとAIDMA

西新宿に引っ越す前は、家から会社まで2分だったので出社は随分楽だったが、最近なかなか思うような時間に出社できない。おかげでBlogの休みも多くなった。

本日、久々に朝5時30分に出社すると、企画スタッフが一人残って提案書を作成していた。「お疲れ様!」と声をかけると、下記のような答えがかえってきた。
「実は、AIDMAではなく、AISASを使ってみようと思い踏ん張っているんですが、なかなか思うように行かなくて・・・・」。積極的に新しいものに挑戦していて立派だと思う。

彼はどこに詰まっていたのだろうか? 僕なりに判断すると下記のようになる。

AISASは、ネット時代の消費者の購買(+行動)プロセスをうまく表現したものだが、サイト設計で使用すると、Search(検索)・ Share(意見共有)で詰まってしまう。特定のサイト外の行動である場合が多くコントロールできない。

サイト設計に活用するのであれば、消費者の購買(+心理)プロセスにおもむきがあるAIDMAを活用した方が構築しやすい。

その場合、AIDMAのInterest(関心)→ Desire(欲求)の心理段階で、AISASでいうところのSearch(検索)という行動にでるので、SEOやSEM等の施策を行っておく必要があるという意味に捉える。また、AIDMAのMemory(記憶)というのは、疑似体験やより広い情報を元に確信するという意味もあり、AISASでいうところのShare(意見共有)に近い。したがって、例えばBlogに含まれるRss、コメント、トラックバック等をうまく活用する方法や、よりバイラルマーケティング的な施策も必要だと考えてもいい。第三者の声や使用時のエピソード等も有効だと考えてもいい・・・・等々。

2:8の法則ロングテールの関係もそうだが、最近新しいキーワードが出ると今までのものをすぐ否定したり古いものだと考える傾向があり少し残念だ。どのキーワードも視点や範囲があったりするもので、すべてが変わったということではない。新旧のキーワードをそれぞれの局面でうまく使うとよりアイデアが膨らむように思う。

コメント

コメントする













関連情報

AISAS⇔AIDMA

概要:消費者の購買活動を表すAIDMAはネットではAISASという動きに変わると言われはじめてちょっと経つが、個人的には??というままだった。 Attention(注意喚起)→Interest(興味)→Search(検�...
ウェブログ:Hint-mame
時刻:2005年12月03日 02:10

ただ変えるのではなく足すんですな?

概要:“sinさん”のブログ『クロスメディアな生活|出題された問題の記憶 その1』を拝見していたら、先日の「クロスメディアエキスパート認証試験」で“AIDMA”に関する出題があっ�...
ウェブログ:課長ほど素敵なショーバイはない!?
時刻:2006年03月30日 14:40

この記事のトラックバックURL:
http://blog.mitsue.co.jp/cgi-bin/MT3/mt-tb.cgi/483

Menu

創業者の独り言
バックナンバー

プライバシー&サイトポリシーCopyright (c) 2011 Mitsue-Links Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Web制作、ホームページ作成、Flash制作:Webサイト構築、Webサイト運用:ブロードバンドコンテンツ(音声制作、動画制作):システム開発、Webマーケティング、Webブランディング、Webコンサルティング・・>のWeb Integrationならミツエーリンクスにお任せください。