ミツエーリンクス

創業者の独り言

Home > 会社案内 > 創業者の独り言 > 情報の組織化

2005年10月16日

情報の組織化

「理解は、分類することからはじまる(ハイドン・ホワイト)」という言葉があるが、一言でいえば、情報を分類してグループを作り、それを関連付けていくことが「情報の組織化」の意味になる。関連する言葉としてラベリングがある。ラベリングは、分類されたそれぞれの情報のかたまりに「名前(ラベル)を付ける」こと。

Web構築の設計初期段階において重要でかつ負荷の高い作業といえるだろう。

一方、ユーザビリティとは、国際規格のISO 9241-11では「特定の利用状況において、特定の利用者によって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、利用者の満足度の度合い」と定義している。Webサイトでは「使いやすさ」と思えばいいと思う。

最近感じることは「情報の組織化」とユーザビリティは一見同じように思えるが、順番を間違えるとよい結果がでない場合があるということ。

サイト設計においてユーザビリティの視点を最初に持ってくると、サイト全体のバランスが悪くなる傾向が強い。ユーザビリティはあくまで設計されたものをユーザの視点で見直し、より使い勝手を良くするということが正しいように思う。

砥石でも荒研・中研・仕上研を順番に使用することにより、切れ味のよい刃物になるが、Web構築の設計でも、順番を間違えてはいけない。

また、新人スタッフが増えているので、先輩は、ミツエーの「情報の組織化」「ラベリング」手法や定義・位置づけ、作業の内容を十分指導して頂きたい。

コメント

コメントする













関連情報

この記事のトラックバックURL:
http://blog.mitsue.co.jp/cgi-bin/MT3/mt-tb.cgi/459

Menu

創業者の独り言
バックナンバー

プライバシー&サイトポリシーCopyright (c) 2011 Mitsue-Links Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Web制作、ホームページ作成、Flash制作:Webサイト構築、Webサイト運用:ブロードバンドコンテンツ(音声制作、動画制作):システム開発、Webマーケティング、Webブランディング、Webコンサルティング・・>のWeb Integrationならミツエーリンクスにお任せください。