ミツエーリンクス

創業者の独り言

Home > 会社案内 > 創業者の独り言 > Flash Communication Server (FCS)

2004年10月07日

Flash Communication Server (FCS)

動画関連の取り組みは非常に長い歴史がある。1994年、IBMがGUI対応のパソコン通信サービスを開始した当時に遡る。モデムの通信速度が2400ボーという時代にどのように動画を配信していくかというテーマだった。1ヵ月IBMの本社に通いつづけて何とか配信可能な領域まで高めた。それでも、当時の圧縮技術では、フレームレート4、横160×縦120で15秒の動画を配信するには、ファイルの大きさが800K前後であった。環境の悪いユーザーがそのファイルをダウンロードするには3~4時間かかった。それでも大変人気があった。いや~ 懐かしい。

そんな歴史を背負っているからか、いまでもブロードバンド系の部門は独自に研究開発を行っている。今はインフラ環境がいいからうらやましい。Flash Communication Server (FCS)も実験的に立ち上げた。明日からFCSを活用したコンテンツを公開していく予定。

ブロードバンドコンテンツは作り手やユーザーにとっては楽しいものだが、それだけでなくマーケティング活動にとっても有効な手段だと考えている。特にWebサイトが成熟し満足できる訪問者を獲得した次の段階として、イノベータ理論で言うレイトマジョリティ、ラガードという層をサイトに誘引する仕掛けが必要になってくる。この段階になるとブロードバンドコンテンツは有効だと考えている。
参考:Flash Communication Server (FCS)実験デモコンテンツ(明日公開予定)

コメント

コメントする













関連情報

この記事のトラックバックURL:
http://blog.mitsue.co.jp/cgi-bin/MT3/mt-tb.cgi/144

Menu

創業者の独り言
バックナンバー

プライバシー&サイトポリシーCopyright (c) 2011 Mitsue-Links Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Web制作、ホームページ作成、Flash制作:Webサイト構築、Webサイト運用:ブロードバンドコンテンツ(音声制作、動画制作):システム開発、Webマーケティング、Webブランディング、Webコンサルティング・・>のWeb Integrationならミツエーリンクスにお任せください。